荒川比呂美 ―看護師1年目

スキルアップを目指して

スキルアップを目指して

これまで私は、一般病棟の看護師をしておりました。
担当をさせていただく患者さんとのコミュニケーションを通じて、思いやり、本当のやさしさ、仕事に対する姿勢など多くを学ばさせていただきました。
看護師として私はさらなるスキルアップを目指し、透析治療を学びたいと考え明生会グループに入職しました。現在、入職して1年半が経ちます。
以前から透析治療に興味はありましたが、実際透析治療に接するようになり、なかなか慣れず当初は大変でした。しかも私のいる東葉クリニック東新宿は患者さんが約230人おります。
まず患者さんの顔と名前を覚え、それからスタッフの方が一対一で細かく指導をしていただき、覚えてからも見守ってくれておりましたので、自信を持てるようになりました。

 

患者さんとその家族に寄り添う

患者さんとその家族に寄り添う

はじめのころは患者さんが私に相談しても、「新人さんだししょうがない」という感じでしたが、今では患者さんといろいろなお話ができるようになり、とてもうれしく思います。
透析患者さんで一番気を付けてほしいのが食事、特に塩分、カリウム、リンになるのですが、週末あけの月曜日や火曜日は、どうしても体重が少し多めになりがちです。頭ごなしに言わずやさしくかつご理解をいただけるように接するようにしております。またご家族の方にもご理解もいただかなくてはなりません。
明生会グループの特徴のひとつとして、患者さん、ご家族の方々向けのセミナーを定期的に開催しております。こういった食事に対する内容や検査結果に関すること、最新の透析治療の情報などとても充実した内容となっております。

福利厚生施設として、長野県にフォレストアカデミー蓼科という研修・宿泊施設があります。新人研修はこちらをメイン会場に行われました。私を含め家族や仕事の都合で行けない方は、千葉の研修施設で参加し、インターネットのライブ中継で研修が行われました。会場がどちらにしても同じ内容で研修を受講することができ、参加した全員がストレスを感じることなく教育が受けられるというのはとても重要だと思います。
今後の医療の発展には、ITの積極的な取り組みは不可欠であると思います。
ITを盛んに取り組むとしても、基本となるのは「人」。
この軸はぶれることはありません。
私たちが見つめているのは、治療・教育のその先にあります。

IMG_8071-1